関心事

2018年5月11日 金曜日

アトピー性皮膚炎のプロアクティブ療法

pic20180511134453_1.jpg

これまでのアトピー性皮膚炎の治療の基本は、悪化時にはステロイド外用薬やタクロリムス軟膏などの抗炎症外用薬を用いてすみやかに湿疹を軽快させ、軽快したらすみやかに抗炎症外用薬は中止して保湿剤によるスキンケアで再燃の予防に努め、再び湿疹が悪化した場合には抗炎症外用薬を再度使用して炎症を鎮める、という状況を繰り返すものでした。現在これをリアクティブ療法と称します。
しかし、中等症から重症のアトピー性皮膚炎の患者では、このような方法で一旦炎症が沈静化し、抗炎症外用薬の使用を中止しても短期間に湿疹の再燃が始まり、抗炎症外用薬を再開するというサイクルを繰り返す場合が少なくありません。
 このように湿疹が繰り返される理由の一つに、抗炎症外用薬によって湿疹が軽快して一見正常に見える皮膚も組織学的には炎症がまだ残存してる事実が挙げられます。この残存した炎症を治療の対象と考え、湿疹が軽快したのちも週に2回程度の抗炎症外用薬の塗布を続けることで目に見えない炎症をコントロールして再燃を防ごうとする外用療法は、問題が生じる前に対策を講じるという意味でプロアクティブ療法と呼ばれています。
 プロアクティブ療法のポイントは、中等症から重症のアトピー性皮膚炎の患者に対して、最初は抗炎症外用薬を毎日しっかり使用して皮疹を十分に軽快させ、明らかな湿疹がなくなったところで週2回の抗炎症外用薬の塗布と、残りの5日間は保湿剤の塗布を続けることです。再燃時は抗炎症外用薬を連日外用して皮疹を十分に経過させてから再び週2回の抗炎症外用薬の塗布に移行するようにします。
実際プロアクティブ療法を導入することにより保湿剤だけの外用の場合に比べて湿疹の再燃するまでの期間が明らかに長くなることが報告されています。
このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

2017年7月26日 水曜日

マルホ、ニキビの悩み解消レッスンVol.6 炎症のない初期のニキビから治療が可能です。

pic20170726212928_1.jpg

pic20170726212928_2.jpg

マルホ、ニキビの悩み解消レッスンVol.6
炎症のない初期のニキビから治療が可能です。
ぜひ,お医者さんに相談してみてください。
 監修:AdeB Clinic╱天神下皮フ科形成外科 小原 美子 先生から引用追加
 
お医者さんでのニキビの診療のながれ

 1、受診前
お医者さんから,ニキビができた時期やこれまでの経過,生活習慣や体調などについて質問されることがあります。
分かる範囲で,答えられるように準備しておきましょう。他院でのニキビその他の治療歴があればその資料を持参しましょう。
 
2、受診、診察
あなたのニキビの状態について診察の後に説明があり、具体的な治療薬や生活習慣のアドバイスがあります。
 
3、治 療
ニキビの治療では,塗り薬と飲み薬が処方されます。
その他に,状態によっては毛穴につまった皮脂や角質を取り除く処置を受けることもあります。

ニキビあとになるのを防ぐために,
炎症のない初期のニキビから治療することが大切です。フランスでは,ニキビ患者さんの50%以上がお医者さんに相談しているというデータがあるほどですが、日本で治療受ける方はまだまだ少数派です。

ニキビの治療薬
ニキビの治療は, 最近数年で大きく変わってきています。

●外用レチノイド(塗り薬)(ディフェリンゲルなど)
毛穴のつまりを改善し,ニキビの進行を抑えます。
炎症のない白ニキビや黒ニキビ,炎症を起こした赤ニキビに使えます。

●抗菌薬(塗り薬,飲み薬)(ビブラマイシン、ミノマイシン、ダラシンゲル、アクアチムなど)
アクネ菌を減らして,炎症をしずめます。主に赤ニキビに対して用いら
れます。

●過酸化ベンゾイル(塗り薬)(ベピオゲル2.5%など)
毛穴のつまりを取り除き,ニキビの進行を抑えます。アクネ菌などの増殖を抑え,炎症をしずめます。
炎症のない白ニキビや黒ニキビ,炎症を起こした赤ニキビに使えます。

実際の治療では,これらの薬剤を組み合わせて治療することもあります。過酸化ベンゾイルと抗菌剤の合剤(デュアック配合ゲル)や過酸化ベンゾイルと外用レチノイドの合剤(エピデュオゲル)も商品化され、処方されています。

その他に,症状にあわせて,
イオウ製剤,非ステロイド性抗炎症薬,ビタミン剤(ビタミンA,B,C)や漢方薬などが使われることもあります。
ニキビの状態に応じて,健康保険の対象外となる治療がありますので、詳しくは,お医者さんに相談してください。
このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

2017年7月19日 水曜日

ニキビの悩み解消レッスン 「ニキビについてよく知ろう」 監修:横山皮フ科クリニック 横山 美保子 先生から引用追加

pic20170719103630_1.jpg

pic20170719103630_2.jpg

ニキビの悩み解消レッスン
「ニキビについてよく知ろう」
監修:横山皮フ科クリニック 横山 美保子 先生から引用追加

ニキビがどのようにできるかを知ることが大切です。

ニキビができるメカニズム

1, 皮脂分泌の増加

男性ホルモンの分泌が活発になったり、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスがくずれたりすることによって、皮脂の分泌が増加します。洗顔が強かったりすることによっても皮脂分泌は増加するといわれています。

2, 毛穴のつまり

肌が生まれ変わるリズムが乱れ、肌の表面の角質が自然にはがれず、毛穴をふさいでしまいます。この毛穴のつまりによりいわゆる隠れニキビ(白ニキビや黒ニキビ)ができます。コメドジェニックの化粧品で生じることもあります。

3, アクネ菌(ニキビ菌)の増殖

皮脂分泌の増加と毛穴のつまりが生じた環境下で、毛穴にたまった皮脂の中でアクネ菌が増えて炎症性の変化の目立つ赤ニキビが形成されます。


赤ニキビが治っても,隠れニキビが赤ニキビに進行することがあり,このような状態をくり返す(ニキビループ)ことで,長い間,ニキビに悩まされ続けることもあります。
ニキビループを断ち切るためには,隠れニキビと赤ニキビの両方を治療することが出来ますし、それがニキビの治療の肝になります。早めにお医者さんに行きましょう。

ニキビは,炎症の程度や皮脂の量によって,状態が異なります。
また,ひとりの患者さんの肌に,さまざまな状態のニキビが混在しています。悪化する前に早めに治療を開始しましょう。
このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

2017年7月16日 日曜日

ニキビの悩み解消レッスンシリーズ 「 ニキビと うまくつきあおう」編 監修:かくた皮膚科クリニック 角田 美英 先生 より引用

pic20170716071748_1.jpg

pic20170716071748_2.jpg

ニキビの悩み解消レッスンシリーズ
「 ニキビと うまくつきあおう」編
監修:かくた皮膚科クリニック 角田 美英 先生 より引用


ストレス,不規則な食生活,睡眠不足などが原因で, ニキビが悪化します。

ニキビの原因としてはストレス 、不規則な食生活、睡眠不足、便秘、日焼け、間違ったスキンケアなどがあげられます。

ストレスをためこまずに上手に発散するようにしましょう。
原因のひとつであるストレスは,皮脂の分泌を過度にうながしてニキビを悪化させるだけでなく、ニキビを触る・いじるなどの行動を 無意識のうちに習慣化させてしまうため,ニキビに悪影響を与えます。

洗髪方法のみならず髪型にも気をつけましょう。
髪が肌にふれたり、ヘアスタイリング剤、シャンプーやリンスなどの洗髪剤の洗い残しがフェイスライン(額,ほほ,あごなど)を刺激することによって,ニキビの原因になることがあります。皮膚に刺激を与えないよう、できるだけ額やあごに 髪がかからない髪型に心がけましょう。

ニキビができたときは,お医者さんに早めに相談しましょう。
ニキビを悪化させないためにも,バランスのよい食事や十分な睡眠をとるなど, 規則正しい生活を送ることを心がけましょう。

日常生活の留意点について
食事に関しては1日3食、バランスの良い食事にこころがけましょう。
脂肪分の摂取を控え、ビタミンや食物繊維が豊富な緑黄色野菜をとりましょう。
ビタミンB₂、ビタミンB₆、ビタミンCはニキビや吹き出ものの対策に必要な栄養素ですので、意識して食事にとりいれましょう。

日焼けはニキビに悪影響をおよぼすので,紫外線が強い5月から10月は,特に気をつけて日焼け止めを積極的に塗るようにしましょう。
このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

2017年7月12日 水曜日

ニキビの悩み解消レッスンシリーズVol.2 「ニキビ肌のスキンケア」編 監修:村上皮フ科クリニック 村上早織 先生から引用

pic20170712103419_1.jpg

pic20170712103419_2.jpg

ニキビの悩み解消レッスンシリーズVol.2
「ニキビ肌のスキンケア」編
監修:村上皮フ科クリニック 村上早織 先生から引用

適切なスキンケアを行うことが重要です。

ポイント1「お肌の汚れやメイクを落とすために,洗顔はとても大切です。」
洗顔料(洗顔石鹸や洗顔フォームなど)は,洗浄力が強すぎると逆に皮脂の分泌を高めます。
刺激性のない洗顔料を選び,泡立てネットなどでよく泡立てて,やさしく丁寧に洗いましょう。

すすぎは,十分に行い,洗顔料が残らないようにしましょう。
1日3回以上の洗顔は逆効果になるため,1日2回を基本としましょう。

ファンデーションを塗る場合
ファンデーションの選択のポイントは,洗顔で簡単に落とせるものであることです。
また、クレンジング剤は,たっぷり使って,肌をこすらないようにし,やさしくなでるように洗いましょう。

ポイント2「お肌を乾燥から守るために,保湿を心がけましょう。」

洗顔後はすぐに化粧水などで保湿してください。べたつきが気になる場合は,部位によって薄く塗るなど加減しましょう。

乾燥がひどい場合は,適切な治療を必要とする場合がありますので、さかき皮フ科・外科クリニックにご相談ください。

ポイント3「普段から紫外線に対するスキンケアを行いましょう。」

紫外線はニキビに悪影響をおよぼすので,紫外線が強くなる5月以降は,特に気をつけて日焼け止めを積極的に塗るようにしましょう。

ポイント4「スキンケア製品はなるべくノンコメドジェニック表示のあるものを選びましょう。」

ノンコメドジェニックとは、ニキビができにくいことを確認している化粧品のことをいいます。

さかき皮フ科・外科クリニックでは洗顔石けん、洗顔フォーム、ファンデーション、日焼け止めなど、おすすめできる化粧品類を取りそろえています。いつでもご相談ください
このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31