さかき通信

2017年7月26日 水曜日

マルホ、ニキビの悩み解消レッスンVol.6 炎症のない初期のニキビから治療が可能です。

pic20170726212928_1.jpg

pic20170726212928_2.jpg

マルホ、ニキビの悩み解消レッスンVol.6
炎症のない初期のニキビから治療が可能です。
ぜひ,お医者さんに相談してみてください。
 監修:AdeB Clinic╱天神下皮フ科形成外科 小原 美子 先生から引用追加
 
お医者さんでのニキビの診療のながれ

 1、受診前
お医者さんから,ニキビができた時期やこれまでの経過,生活習慣や体調などについて質問されることがあります。
分かる範囲で,答えられるように準備しておきましょう。他院でのニキビその他の治療歴があればその資料を持参しましょう。
 
2、受診、診察
あなたのニキビの状態について診察の後に説明があり、具体的な治療薬や生活習慣のアドバイスがあります。
 
3、治 療
ニキビの治療では,塗り薬と飲み薬が処方されます。
その他に,状態によっては毛穴につまった皮脂や角質を取り除く処置を受けることもあります。

ニキビあとになるのを防ぐために,
炎症のない初期のニキビから治療することが大切です。フランスでは,ニキビ患者さんの50%以上がお医者さんに相談しているというデータがあるほどですが、日本で治療受ける方はまだまだ少数派です。

ニキビの治療薬
ニキビの治療は, 最近数年で大きく変わってきています。

●外用レチノイド(塗り薬)(ディフェリンゲルなど)
毛穴のつまりを改善し,ニキビの進行を抑えます。
炎症のない白ニキビや黒ニキビ,炎症を起こした赤ニキビに使えます。

●抗菌薬(塗り薬,飲み薬)(ビブラマイシン、ミノマイシン、ダラシンゲル、アクアチムなど)
アクネ菌を減らして,炎症をしずめます。主に赤ニキビに対して用いら
れます。

●過酸化ベンゾイル(塗り薬)(ベピオゲル2.5%など)
毛穴のつまりを取り除き,ニキビの進行を抑えます。アクネ菌などの増殖を抑え,炎症をしずめます。
炎症のない白ニキビや黒ニキビ,炎症を起こした赤ニキビに使えます。

実際の治療では,これらの薬剤を組み合わせて治療することもあります。過酸化ベンゾイルと抗菌剤の合剤(デュアック配合ゲル)や過酸化ベンゾイルと外用レチノイドの合剤(エピデュオゲル)も商品化され、処方されています。

その他に,症状にあわせて,
イオウ製剤,非ステロイド性抗炎症薬,ビタミン剤(ビタミンA,B,C)や漢方薬などが使われることもあります。
ニキビの状態に応じて,健康保険の対象外となる治療がありますので、詳しくは,お医者さんに相談してください。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31