さかき通信

2017年6月11日 日曜日

フォトスキンタイプとは何ですか?

pic20170611072455_1.jpg


紫外線に対する反応は皮膚の色によって違います。白人では元々メラニン色素が少なく、紫外線にあたった後も赤くなるだけで黒くはなりません。一方、黒人は元々大量のメラニンが皮膚にあり、日焼けしません、日本人などの黄色人種は紫外線にあたると最初赤くなり、その後多少黒くなります。このように紫外線に対する反応性の違いで6つのフォトスキンタイプに分けられています。


スキンタイプと反応

I: 常に赤くなり、決して皮膚色が濃くならない
II: 常に赤くなり、その後少し皮膚色が濃くなる
III: 時々赤くなり、必ず皮膚色が濃くなる
IV: 決して赤くならず、必ず皮膚色が濃くなる
V: 皮膚色がとても濃い
VI: 黒人
 

日本人はおよそスキンタイプII~IVにあたります。光老化を起こしやすく、皮膚癌になりやすいのはスキンタイプのI、IIに属する色の白い人です。

このエントリをBuzzurlにブックマーク