さかき通信

2017年6月25日 日曜日

尋常性痤瘡治療ガイドライン 2017より 炎症性皮疹に過酸化ベンゾイル2.5%ゲル(ベピオ®ゲル2.5%)は有効か?

pic20170625232813_1.jpg

尋常性痤瘡治療イライン 2017より
炎症性皮疹に過酸化ベンゾイル2.5%ゲル(ベピオ®ゲル2.5%)は有効か?
推奨度A
推奨文:炎症性皮疹(軽症から中等症)に過酸化ベンゾイル 2.5%ゲルを強く推奨する.

解説
過酸化ベンゾイルは強い酸化作用をもち,容易に分解してフリーラジカルを生じて,P. acnesに殺菌的に作用することで,炎症性痤瘡を改善すると考えられている.現在のところ,過酸化ベンゾイルに対する耐性菌は見つかっていないことから,耐性菌を作らない抗菌作用を持つ薬剤と位置づけられる.日本で行われた,炎症性皮疹を顔面に 11~40 個有する尋常性痤瘡患者を対象とした 3 カ月間の RCT では,過酸化ベンゾイル 2.5% ゲルの炎症性皮疹減少率は72.7% であり,プラセボの 41.7% と比較して有意に高い改善を示していた.副作用として塗布部位の紅斑や皮膚剝脱などがあるものの,容認できる範囲である。

このエントリをBuzzurlにブックマーク